中3都立受験生に告ぐ!

今年度から始まるスピーキングテスト対策をセルモで実施しよう!

 

この問題、できますか…?

 

英文の基本は「主語」「動詞」「目的語」です。

つまりSVOCの理解がそのまま英語の表現力に直結します。

 

水が飲みたいときに「Water!」でも相手には通じます。

しかし「I want to drink water.」とも言えます。

わざわざスピーキングテストを受けるのですから

少なくともSVOCに基づいた英文を話せるようになりましょう!

 

画像引用:朝日新聞EduA「英語学習の変化、高校や大学入試にどう影響? 「4技能型」の勉強が高3までは有効」2021.06.08より)

セルモではどのような特訓をするのか?

専用テキスト使用

問題パターンは4つ。これらの「型」を育伸社の専用テキストを使って習得します。どう聞かれてどう答えるのか。その際のポイントは何か。使える英語、伝わる英語をどう話すのかを詳説します。英作文対策にもなるので、一石二鳥です。

とにかく音読

「型」の習得には音読の反復が一番の近道です。「型」を習得するから応用が利くのです。「型」なくして得点なし、と考えています。音読は野球でいう素振りです。1回や10回の音読では効果ありません。最低でも300回は反復します。

特訓前後テスト2回

まずは問題のパターンを理解した段階でテストを受検しスコアを確認します、その後特訓を行い、その成果が出ているかどうかのテストを受検(計2回)します。スコアが何点伸びるのか、自分の苦手箇所がどこか判別します。


費用はおいくら?

①「専用テキスト」「講義90分+音読指導」「テスト2回分」これらがセットになって5,000円です。

②3回目以降のテストについては1回あたり2,000円です。